給料安すぎ?そんな時は自分の市場価値を確認

MENU

給料安すぎ!年収低すぎ!と思ったらまずは自分の市場価値を知る!

給料安すぎ,年収低すぎ,市場価値

給料安すぎる!年収低すぎる!自分はもっと稼ぐことができる!と感じて転職を考えているのでしたら、
まずは適職診断テストで自分の市場価値を正確に把握することから始めるのが重要です。

 

まず自分の市場価値がわかれば転職するにしても対応しやすくなります。
「天職」につくのは難しいものですが、いろいろ考え抜いていく内にわかってくるものです。

 

給料が安い!年収が低すぎる!と感じていると、どうしても他者や周りに目が行きがちです。
しかし、自分に合った最適な仕事に就くためにはます自分の適正・能力・性格など
自分を見つめ直す必要があります。

 

給料安すぎ!そんなあなたの悩みを解決《MENU》
  1. 給料が安すぎて困ったら転職サイトから情報を得る!おすすめサイト
  2. 給料安すぎと感じたら適職診断で市場価値を知ることがまず重要
  3. 転職して給料安すぎて生活できない時期の対応
  4. 給料が安すぎの仕事に付いた場合の給料を上げる方法

 

給料が安すぎて困ったら転職サイトから情報を得る!おすすめサイト

転職活動を一人で行うのは不安なものです。
そんな時は転職サイトののキャリアアドバイザーが頼りになります。
経験豊富なキャリアアドバイザーなら、
自分でも気づいていないあなたの強みを発見してくれたり、
最適な転職になるアドバイスを親切にしてくれます。

 

転職は焦っても上手くは行きません!
希望の転職先やレジュメを登録しておくだけで、適合する求人情報を教えてもらえるとチャンスが広がります。
チャンスは広く取って、じっくり検討して行くことが転職で成功する秘訣です。

 

20代の方をメインにしたおすすめ転職サイト

若年層未経験の方でも、安心して登録できるサービスがあります。
就職経験が無くても、まずは登録して調査から行うと第1歩すすみます。
※【18歳~29歳】の方なら未経験者でも申し込めできます!!

20代転職

 

まずは冷静に自分の「市場価値」を知る!

満足の行く仕事に就くためには、まず初めに冷静に今の自分を知ることは重要です。
自分では気付いていなかったスキルが見つかったり、もっと自分に合っている職種と出会ったりするかもしれません。
7万人の転職データが公開され、自分と同じぐらいのキャリアの方と比較できたり
人工知能があなたに最適な仕事を提案してくれたりします。

適職診断

 

給料安すぎと感じたら適職診断で市場価値を知ることがまず重要

給料安すぎ,年収低すぎ,市場価値

現在、会社員で働いている人の中には、給料安すぎると考えている人も多いでしょう。
キャリアを積み重ねる中で資格やスキルを獲得したものの、収入面で変化がない場合も珍しいことではありません。

 

給料が安すぎる!年収が低すぎると感じている場合は適職診断をして
自分の今の市場価値を知ることが重要になります。
というのも、他の会社に転職することによって給料が上がる場合があるからです。

 

一つの会社でキャリアを積み重ねることによって徐々に給料が上がっていくこともあるでしょうが、
他の会社では自分の経験やスキルを見込み、即戦力として求めているところもあるのです。

 

他の会社で即戦力で必要とされている場合は、給料が上がる可能性が高く、
現在の職場の給料安すぎと感じている人にとっては大きなチャンスになります。

 

まずは今の自分の市場価値を冷静に分析する!

給料が上がる自分のステータスが上がる!ようなチャンスをものにするためには、
まずは今の自分の市場価値を正確に知ることから始めるのは重要です。

 

今ではインターネットで個人情報の入力も無しに適職診断を受けることができますので、まずは自分自身を知りましょう。

 

その後に、どのような会社で自分の力を発揮できるのか、そしてどれだけの給料を得ることができるのかをきちんと考え、
将来を見据えた長期的なプランを考えた上で転職を考える必要があります。

 

場合によっては自社に所属し続けた方が、結果的に所得が多くなる場合もあります。

 

給料安すぎ!年収低すぎ!転職を考えたら適職診断から始める!

社会人の中には給料が安すぎたり、年収が低すぎたりするのが悩みの方は多いです。

 

同世代の友人の中にはもっと多くの給料を貰っている人もいたりしますので、
それと比較してみると自分の仕事がむなしく感じてしまう方もいることでしょう。

 

給料が安すぎる年収が低すぎると感じている場合には、転職を検討してみる価値があります。
現在の会社ですぐに待遇面を良くするのはなかなか大変ですし、現実問題として待遇が良くなる可能性は低いです。

 

転職は待遇面だけで決めない!

しかし、転職をする際には単に待遇が良くなれば良いという訳にも行きません。
やはり仕事は楽しくできた方が良いものですし、その為にも自分に合っている仕事を見付け出せた方が嬉しいのは間違いありません。

 

もし自分に合っている仕事が何なのか分からないという時にはキャリアアドバイザーに相談してみたり
適職診断を受けてみるのがおすすめです。
自分に適した仕事を知るきっかけになり、今後の方向性を定める為の参考になります。

 

また、キャリアアドバイザーに相談したり適職診断を利用すると、自分の強みを知ることができるという良さもあります。
同じ職場に居ると自分にはどんな強みがあるのか分からくなってしまうこともあるものです。、
キャリアアドバイザー相談適職診断は改めて自分を発見する為にも役立ちますので是非活用してみましょう。

 

給料安すぎな職業から適職診断を通して転職先を見つける!

現在どんなに頑張って働いても、成果をだしても残業しても認めてもらえなかったり、未来が見えなかったりすることはないですか。

 

近年、たくさんの会社が世の中に出ている中で、ブラック企業は今でも多くあります。
世の中には掃いて捨てるほど会社はあるのに、就職難が続き結局はリストラされるという人もいます。

 

しかし私たちの選択の中には、会社を辞めて転職もできるのです。
しっかりした進むべき道さえ見つければ、新たな未来を切り開くこともできます。

 

もし、自分にとって何が向いているのかわからなかったときは
経験豊富なキャリアアドバイザーに相談したり、適職診断をしてみてはどうでしょうか。

 

まずは転職サイトに登録する!

まずは自分が興味をもっているものに対して求人があるのか調べてみたり、
転職サイトを見ているうちに給料の目安が職によって違うという目安もわかるようになります。

 

こうして給料が安すぎる職業や自分が行いたくない職業に就かないように事前に調べることができます。

 

以前、キャリアアドバイザーに相談することで、自分の道を見つけた人がいました。
やはり自分が今まで知らなかった職をみてみると世界が広がり、現在の職業の給料は安すぎたとわかったそうです。

 

そこで今一度、冷静に自分のスキル・キャリアを見直し自分の本当に行いたいことを考えた末、
転職を行ったところ、給料も上がり仕事面でもやりがいを感じて生活が豊かになったそうです。

 

こうして、最初の就職に失敗しても様々な経験を糧に転職した人は強くなって行きます。
そして現代の日本経済を支える一因になり、いずれは安定した日本経済の未来を作って欲しいものです。

適職診断

 

転職して給料安すぎて生活できない時期の対応

給料安すぎ,年収低すぎ,市場価値

実際に転職してみて仕事に就いたら、最初は給料安すぎて生活できない場合もあります。
そのためいざ転職するときには、まずはある程度の貯金をしてから転職サイトで見つけた転職先に挑戦した方が良いです。

 

しかし、給料安すぎで生活できない状態を打破していけば問題は無くなって行きます。
苦しいのは最初の数年間だけの場合も多いです。

 

サラリーマンだとずっと苦しいままの場合も多いですが、脱サラして起業することで待遇が大幅に改善する場合もあります。
またサラリーマンでも条件の良い会社に転職できれば、理想の給料も自分の時間も確保でき幸せな生活が送れるようにもなります。

 

今の状況を淡い期待だけ思っているのは危険

頑張っていれば給与も上がるだろうと思う人が多いですが、同じ職場のサラリーマンの場合にはずっと上がらない場合も多くなっています。
待っていては状況は良くならないし、評価されるかもという淡い期待だけで動いていては駄目です。

 

具体的な成果を出したら、具体的な見返りがもらえるように交渉しなければなりません。
頑張ったら昇給させるという曖昧な口約束を信じてはいけません。
具体的にいくらの昇給が得られるのかを契約で取り決めておかなければなりません。

 

起業すれば、極めて明確な報酬が得られる場合も多いです。
頑張ったらそれなりのお金を下さいというような曖昧な口約束ではビジネスをしないからです。

 

例えサラリーマンだとしても、事前に明確に報酬金額を決めておくようにしなければ頑張る価値はありません。
起業すれば、自分の決めた報酬が得られます。同じようにサラリーマンでも、このような考えをすることが大切です。

 

給料が安すぎの仕事に付いた場合の給料を上げる方法

給料安すぎ,年収低すぎ,市場価値

転職して楽しく働けるが、給料を考えないで転職した場合給料が安すぎの状態になってしまう場合も少なくありません。
転職では未経験の仕事につく場合も多いので、始めは給料安すぎでもしかたがないケースもあります。

 

しかし、一人前になったら、給料が安すぎる状態から抜け出さなければなりません。
給料を上げる方法はいろいろありますが、その内の一つに起業する方法があります。

 

起業すると自分に合った仕事を続けられますし、会社に持っていかれてしまうマージンを少なく効率的に稼げるようになります。
会社に持っていかれるマージンが少ないということは、会社に勤めている時よりもコストがかからないことにもなります。
そのため、価格競争にも勝ちやすく十分にビジネスチャンスはあるのです。

 

起業する上で大切なこと

まずは働いているうちに人脈や顧客を確保しましょう
このようにすれば、起業当初からそれなりの売り上げを上げられます。

 

企業は1から始める訳ですが、すでに顧客を確保しているなら実質的には
ビジネスが軌道にのりかけてから起業することになるので、リスクも極めて少ないです。

 

起業すれば自由に働けるので、やりがいも感じやすく、働きやすくもなります。
税金的にも起業した方がサラリーマンよりも圧倒的に有利です。
大変ですがやればやるほど儲かるのが起業であり、一つの転職の選択手段になります。